THE 32 NODAL ENVIROMENTS〜クロスオブライフ

進む道

ヒューマンデザインの英語資料でクロスオブライフについて書かれた「THE 32 NODAL ENVIROMENTS」という電子書籍があります。導入部分を訳したまま数年経ったのですが、再び読んで愕然としました。

ものすごく大切なことが書いてあるではないですか〜!!!!

ということで、衝撃内容とそこからの気づきをシェアさせて頂きます。

特性を超えていく

リーディングセッションで重要な部分はしっかりお伝えしていますが、全ての根幹となるLYD講座の受講なしには腑に落としにくいのではないかなと感じていました。なのでLYD講座の受講をイチオシしておりましたが、その考えに繋がるヒントがなんとこの資料にあったのです。

人生の目標は特性を超えて本当の役割を見つけることですよ!と。

私にはこんな特徴や才能があるんだぁ!!✨
と、ご自身の特性を知ることで満足して終わってはいませんか??どう活用しようかと考えを巡らせてはいませんか??

あなた自身の特性の力を理解することはもちろん大切です。しかし知って満足するだけで終わってしまうと、本来の目的には辿りつくことができない可能性があります。

本来の目的は特性を超えた先にあります。自分らしく過ごしていると自然とあなたの特性が発揮されている状態です。その状態の時にどんな振る舞いで使命に向かっていくのかということもリーディングセッションでお伝えしていますが、特性を超えていくために必要な根幹の部分は反復が必要なので一度で伝えるには難しいと感じている現状です。

本当の役割を見つけるために

「THE 32 NODAL ENVIROMENTS」の資料では人生の中で周りに現れる環境要因について書かれています。特性を超えていくための設定になるからです。

ではどうやって特性を超えて役割を見つけていくのかというと、がむしゃらにこんな仕事やこんな生活が私に合うかな??というような探し方は違います。

全ての基礎になる根幹部分を安定させていくことが大切になってきます。基礎は反復が必要ということに関しては様々な分野に当てはまると思いますが、特にクラシックバレエに通じるのではないかなぁと思うのです。

クラシックバレエの基本

クラシックバレエの経験はないのでイメージでしかなく間違えていたら申し訳ないのですが、クラシックバレエほど基本動作などの基礎を重要視するものはないのではないかなと浮かびました。

姿勢はもちろんのこと、体の使い方の一挙一動の全てに基礎が関わってきて、上手くなればなるほど基礎のココができていない・・・など幾度となく長年行ってきた基礎レッスンでさえ今まで気づかなかった部分に気づくようになり果てしないのではないのかなぁと思います。

幾度となく繰り返すことで身体に染み込ませ自然と動かせるようになることで、もっと別の部分に意識を向けていくことができる。その積み重ねが軽やかな洗練された美へと繋がっているのだと感じるのです。

意思決定のための行動指針と権威

クラシックバレエでの基礎レッスンに当たるのはヒューマンデザインでは意思決定のための行動指針と権威です。ヒューマンデザインの根幹部分になります。

行動指針と権威を生活の中で自然に行えるととても良いです。

実は行動指針と権威は幼い時には自然に行えていたはずなのです。例えば歳を重ねるといつの間にか身体が思うように動かなくなり、子供の頃はどうしてこんな体操をするのだろう?と不思議に思っていたラジオ体操が実はハードだと気づくように、行動指針と権威も気づかない間にだんだんわからなくなっている人が多いのです。

なので日々意識して行いサビつくことを防ぎながら、進化させていくと良いです。

ただ、基礎レッスンを1人で黙々と続けることほど面白みに欠けることはないです(笑)私が好きではないだけかもしれません。1人で行っていると合っているのか、何か違うと思ってもどこをどう直せば良いのかわからない!!という状態で投げ出したくなったりしませんか??

楽器も上手な人の演奏を聞いて、こんな風に強弱をつけて表現するのかと実際に見て聞くことでやってみよう!!と目指すものが明確になって取り組めるのではないかと思うのです。周りの人の経験を聞いたり、ふとした言葉で気づくことがあります。

なのでね。私はヒューマンデザインに出会ったあなたにそんな場を提供できるようにしたいという想いも込めてLYD講座を行い、その後のフォローの場を設けています。一緒に取り組む仲間は随時募集しておりますのでお声がけ頂けますか?

きっかけを求めている人は読んでみて

ヒューマンデザインは英語で伝えられたものです。なので英語の文章を読むと日本語よりもニュアンスを掴みやすいことがあります。私も英語が得意なわけではないですが、ヒューマンデザインのベースを学んでいれば何かしら役に立つことがあるのではないかと思います。

気になっているのであれば読んでみてはいかがでしょう?文章はGoogle翻訳さんに任せて良いですが、単語は翻訳機能だけに任せずニュアンスを掴むことを心がけると今までとは違う回路が繋がることもあります。途中で辞めてしまっても良いのです。ずっと悩むより、合わなかったとわかることも大切です。

英単語のニュアンスの違い

ニュアンスの違いの例を挙げておきますね。

例えば日本語に訳すと「感情」という表現になる英単語は

  • emotion
  • feeling
  • sentiment
  • mood

などが挙げられますが、次のように全て少しずつ違う感情を表します。

  • emotion:「意識的」な喜怒哀楽など強い感情
  • feeling:「無意識」の感情、感覚、印象
  • sentiment:「感傷的」な悲しみなどの感情
  • mood:一時的な感情、気分、雰囲気

日本語でも前後の文脈から捉えることはできますが、英単語をみる方がわかりやすいことが時々あります。英語の勉強はしようと思ってもなかなかできないので、一石二鳥と思いながらゆるく取り組み中です。あなたもいかがですか??

最後に

知識だけでも感覚だけでもうまく噛み合わないことがあります。わからないことから離れて全く違うことをしていると、ふと気づくこともあります。悩みすぎず楽しみながらヒューマンデザインライフを過ごしてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました