ヒューマンデザインとの出会い〜ワタシのstory1

story

計画を練ったのではなく、些細なきっかけから始まった不思議な経験はありますか?
私とヒューマンデザインとの出会いも偶然でした。

独立するの!

ヒューマンデザインに出会ったのは2014年。

部署は違うけれど、更衣室でロッカーが近いことがきっかけで話をするようになった彼女。突然仕事を辞めるというではないですか。

今後は別の所で働くのか尋ねると、なんと「独立する」と!!

当時はまだ副業や個人事業は今ほど声高ではなかった時。私の身の周りにも個人で働いている人はいなくてとても衝撃的!!しかも今の仕事とは関係なく、学んできたコーチングやパーソナルカラーなどを組み合わせたことをしていくというではありませんか。

そのころの私はちょうどコーチングという言葉を知った時で。色々とモヤモヤしていたこともあったので、私受ける!!と即お願いしたのです。

それが私の運命を回していくとも知らずに。。。

なんだ?!これは・・・

その時受けた資料の最後にヒューマンデザインのチャートがありました。

・・・なんだ?!これは・・・人の形をした変わった図だな。

というのが第一印象。
私とヒューマンデザインの出会い。

もらった資料に書いてある言葉はわかるようなわからないような。

しばらくしてヒューマンデザインの部分をもう一度読み返すと、なんだかとても気になる。なので質問したのです。この内容はこういう理解であってる??と。

ありがたいことにもう一度会って説明してくれて。

その時に確信しました。

これは世の中が複雑に絡まっていることを紐解いてくれる内容なのではないかと。

気になる衝動が止められない

今もブログなどを探しても情報はあまり出ていませんが、検索魔の私が探しても当時本当に情報がなくて これは学びに行くしかない!!と意を決してLYD講座に申し込み。

するとですね。色々びっくりしたのですよ。

  • 当たり前と思っていることが世の70%の人が本当は苦手でプレッシャーになっている
  • 思考は自分のために使うものではない

という内容にまず衝撃を受けまして。

目からウロコがポロポロポロ。

そんなことで良いの?!というくらい本当はすごくシンプル
みんな無理して生きているってなんてこった!!
世の中に不満が溢れているのはそんな理由なの?!と思ったんです。

そうすると、もっと知りたい欲と理解したい欲が出てきまして。
運よくベーシック1•2•3を受講できる機会に恵まれ、図らずしもリーディング資格を得るに至りました。(旧制度の最後の時)

私も出来るかな

リーディング資格を得たことで、私にも出来るかな??という思いがむくむくっと湧いてきてアメブロを始めることに。

資格が欲しくて始めたわけではなく、興味が赴くままに進んだ先にそんな流れが目の前に存在していたのです。

就職して1週間でこの仕事は向いてないかも・・・と愕然としてから他に何かないかと探し始め、打算的にメディカルアロマに手を出したこともあるけど続かない。そんなこんなを経てヒューマンデザインに出会うまで長かった。

ヒューマンデザインに触れたことがある人は、納得な結果だと思います。無意識にヒューマンデザインの行動指針に従ったり破ったりしていたわけで(笑)

ヒューマンデザインに出会い、ブログを始めることで私の人生は予想もしない方向へ進むことになっていったのです。

・・・つづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました