本当の場所にいることが大切な理由

ヒューマンデザインで大切なことのひとつ。

居場所。

ヒューマンデザインの教えてくれる視点は
他とは違うから取り入れてみると面白い。

今回はその内容のひとつ。
「居場所」について
私の視点を少しシェアさせて頂きます。

スポンサーリンク

選ぶ時に大切にすることは?

以前、就職活動中の子に
選ぶ時に何を大切にすると良い??
と聞かれたことがあります。

その時は「人」と答えたけれど

今は少し訂正したい。

人は場が作るので
心地よいと感じる場所
の方が重要です。

心地よさを感じる場所はどんな環境?

あなたは心地よいと感じる環境を
言葉にできますか?

・パーソナルスペースが広い
・静か
・陽あたりが良い
・植物など自然がある
・木のぬくもりを感じる

これは私の好きな環境。

なので Starbucks であれば
どのお店でも良いわけはなくて
席の間隔が広いお店で
人が少ない時間を選ぶ。

少しずつ言葉にできるようになってきたところ。

居心地の悪さから学ぶ

インテリアやお部屋にこだわりがある人は
言葉にするのは簡単かもしれません。

私はなんとなくで生きてきたので
その「なんとなく」は言葉にならないまま。

転機は本当に好ましくない場所に遭遇したこと。

きかっけは派遣先。
数ヶ月だからと細かい部分は確認せず
環境をよく知らない状態で
働き始めるととても居心地が悪い💦

嫌だなと感じる部分はどこなのか。
どんな環境であって欲しいのか。

を意識するようになったのです。

好ましくない環境が奇しくも
今まで無意識に選んできた好きな環境を
言葉にしていくきっかけをくれました。

あなたがもし心地よくないと感じる場所にいるならば
本当に大切にしたい環境は何か
どんな居場所が心地良いのかを知るために
その場所に行く必要があったのだ
と思ってじっくり観察してみて下さい✨

本当の居場所にいると起こること

本当の場所にいることが大切な理由は
自分らしさを発揮できるからです。

必要な人が集まってくる
ポジティブな影響を周りに与えることもできる。

これは私の実体験ですが

居心地が良くないなと思った環境では
一緒に働いている人に対してではなく

環境に対して小さな嫌だな・・・

を常に積み重ねている状態で
無駄にエネルギーを削られていました。

仕事内容ではなくて
その場所に行くのが本当に億劫。
目につくのは嫌なことばかり💦

その反対に、
居心地に違和感を感じなくても
綺麗ではないなぁ・・・
と思っていた場所は改装されたし

綺麗で居心地は良いけれど
ここでやっていけるかな・・・
と思った場所では
後から私の救いになる人が入ってきました。

改装もやってきた救いの人も
私らしさを発揮できる状態にしてくれた

本当の居場所では
私自身も学ぶことや得ることがとても多いです。

本当の居場所も変わっていく?!

今は居心地がよく違和感を感じなくても
いつかこの場所は違うかも・・・
と感じる時がくるかもしれません。

いる場所ではないと感じたら
そこから去る準備をしましょう。

本当の場所だ

と感じるのはあなただけ。
あなたしか正解はわかりません。

心地良さを感じても
本当の居場所ではないなと感じているのであれば
あなたの良さは発揮されているか確認してみてね。

誰しも自分で場所を見つけるわけではない

ヒューマンデザイン視点で伝えたいことは
この大切な「場所」をね
自分で探しても見つけられない人がいるんです。

あなたのデザイン図を読むとわかりますので
気になる人はお声がけ下さい。
体験リーディングでもお伝えできます。

私は一見わかりにくいデザインで
人が運んできてれる居場所が良い傾向✨

さいごに

あなたにとっての本当の場所
を意識したことはありましたか??

意識するきっかけにしてもらえると幸いです。

お互いがポジティブな影響を与えあう
本来持っている良さを引き出し合う

ことができると最幸✨


コメント

タイトルとURLをコピーしました